抹茶系のお土産に迷ったら京都宇治の伊藤久右衛門がおすすめ

伊藤久右衛門

こんにちは、Soyです。

京都といえば抹茶、抹茶といえば宇治!というわけで、先日の一時帰国の際に、京都宇治にある伊藤久右衛門本店へお邪魔してきました。

宇治茶といえば、静岡茶とならぶ日本二大茶のひとつです。1200年頃から生産が始まったとされる長い歴史を持ちます。

伊藤久右衛門は、そんな宇治の茶文化を大切にし、それでいて独創的な商品を生み出し続ける会社として天保3年(1833年)に創業しました。

今日は伊藤久右衛門の紹介と、伊藤久右衛門茶房で食べたおいしい抹茶パフェ&スイーツの食レポです♡

伊藤久右衛門の特徴

生産から販売まで

京都には、宇治茶・抹茶スイーツを取り扱う会社やお店がたくさんあります。その中でも、伊藤久右衛門が他と一線を画すのは、お茶の生産から製造・開発・販売まで携わっている点です。

宇治を代表する生産農家と提携を組み、新鮮な茶葉を年中同じ水準の品質で提供しています。

伝統と革新の共存

とくに京都は「伝統大好き!」で、京都の老舗は古くからの伝統を守り続けています。しかし同時に、時代とともに変化し続ける器用さもあわせ持ちます。

伊藤久右衛門もそのひとつで、伝統的なお茶の製造方法はそのままに、時代に合わせたお茶の楽しみ方を提案してきました。オンラインショップの内容が充実しているのも、時代の流れにのっているからこそですね。

宇治愛が強い

伊藤久右衛門の茶房は世界に5店舗。そのうちのなんと3店舗が宇治の一角に集中しています。

JR宇治駅の目の前にある「JR宇治駅前店」、そこから歩いて7〜8分のところに「平等院店」、さらに歩いて10分で「宇治本店」。この辺りはお茶屋さんや抹茶スイーツのお店がたくさんありますが、3店舗も出しているのは伊藤久右衛門くらいではないでしょうか。

ちなみに残りの2店は、京都駅前と台湾の台北市にあります。

伊藤久右衛門本店茶房へゴー!

伊藤久右衛門本店 茶房

ずっと楽しみにしていた「伊藤久右衛門茶房」。ついに行くことができました。

伊藤久右衛門本店は、ショップと茶房が併設している広いお店です。お正月休みだったためか、店内は多くの人でいっぱい!20分待って席へ案内してもらいました♡

再現度が高い抹茶パフェ

お待ちかねの抹茶パフェです♡私はふつうの抹茶パフェ、夫はよくばりタイプを選びました。

伊藤久右衛門 抹茶パフェ
伊藤久右衛門 抹茶パフェ よくばり
(器の大きさは同じです)

左側の基本の抹茶パフェ、入り口にあった食品サンプルとまったく同じ!生クリームの美しい曲線に感動です。

右側がよくばりタイプの抹茶パフェですね。普通の抹茶パフェに、茶団子とわらびもちが追加で乗っています。わらびもちも茶団子も、寒天も抹茶アイスも全部おいしかった〜(๑´ڡ`๑)♡

中でも意外と一番美味しかったのは、上に乗っかっている宇治抹茶せんべいです。抹茶パウダーで色付けされているっぽいけど、普通のうす焼きせんべいだろう、なんて思っていた自分が恥ずかしい!

パリッと噛んだ瞬間に、抹茶の風味がホンワ〜!予想外のインパクトに、私も夫も感動しました。このおせんべいは、お土産ショップで買えます。パフェで食べてみてお土産として買う人も多いのだとか。日持ちもするので、贈り物にも最適です。

オンラインショップでも買えますよ〜

アマゾン、楽天市場の公式ショップにもあります。

ひと味違う抹茶チョコ「宇治のこみち」

宇治のこみち

抹茶チョコといえば抹茶の粉末を練って、上から抹茶パウダーをまぶした生チョコタイプのものが多いですよね。

伊藤久右衛門の抹茶チョコ「宇治のこみち」は、それとは少し異なります。

まず、これはチョコじゃないんです!(支離滅裂)

実は、ケーキなのです。そう、いわゆるガトーショコラ、ホワイトチョコたっぷりの抹茶ケーキなのです。これがまためちゃ濃厚な抹茶の味〜!大胆かつ上品な抹茶のインパクトに、後味すっきり。抹茶の濃いお味と口どけなめらかな食感が楽しめます。

これは本当に自信を持ってオススメできますね〜。ワンランク上の抹茶スイーツなら「宇治のこみち」です。

宇治のこみち パッケージかわいい個包装と、高級感あふれるお味のギャップ♡

公式オンラインショップには、他にもたくさんの伊藤久右衛門オリジナル抹茶スイーツがあります。バレンタインや贈り物、買い忘れたお土産などに活用できますよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)