イタリアンおやじのレシピ♡ツナとトマトのパスタ

ツナとトマトのパスタレシピ

こんにちは、Soyです。

私のイタリア人の義父、実はイタリアで地元の人に人気のデリを営んでいるんです。オーナーとして、シェフとして、毎日美味しいイタリア料理をお客さんに提供しています。

そんな義父のレシピは、息子である夫に引き継がれ、我が家では本格的でなおかつ家庭的なイタリア料理がよく食卓に並びます。

今回は、義父のレシピのひとつであるツナとトマトのパスタをご紹介します!イタリア料理の特徴である、素材の味を活かしたレシピです。日本でも手に入りやすい食材を使用するので、ぜひトライしてみてくださいね٩(๏₃๏)۶

ツナとトマトのパスタ材料(1人分)

・玉ねぎ 半分

・人参 半分〜1本

オリーブオイル 適量

トマトピューレ 120〜140g

・水 50〜70ml

・砂糖 少々

・塩 少々

・ツナ ツナ缶1つ

バジル 少々(なくても可)

材料の分量はかなり適当でも大丈夫です。このレシピだとちょっとトマトピューレが多いかもしれません。でも、それがまた美味しいんですよね♡水の分量は、トマトピューレの分量に倣って増減してください。

今回は、メインがツナと野菜なので、多少摂り過ぎても健康に害はないかなぁと思います。調味料も最低限しか使用せず、野菜の味を引き立たせます。

この機会に人参や玉ねぎをたくさん食べるのもありです♪

ツナとトマトのパスタ作り方

STEP.1
野菜を炒める

ツナとトマトのパスタ2

玉ねぎをみじん切りにして、人参をすりおろし、フライパンに入れます。

人参は、皮に栄養が多く含まれているため、むかずに使用してももちろんOKです。

我が家では、チーズ用のおろし器の小さな目を使ってすりおろしています。これだと水っぽくならないのでオススメですよ。

オリーブオイルをフライパンに1周かけて中火で炒めます。

STEP.2
トマトピューレで煮る
全体的に火が通って、玉ねぎにテカリが出るくらいになったら、トマトピューレ砂糖を少量ずつ加えて30分ほど煮込みます。蓋をして水分が逃げてしまわないようにしましょう。(もし水を入れすぎてシャバシャバになってしまったら、蓋を開けて水分を飛ばしてください)

この水は、もしトマトピューレを使い切るタイミングだったら、トマトピューレの入れ物をすすぐために入れた水を使えば、無駄がありません。

長く加熱することで、トマトピューレの酸味がなくなりマイルドになります。

STEP.3
パスタの準備
トマトピューレを煮込んでいる間に、パスタの準備をしましょう。

お好みのパスタを人数分茹でてください。

塩で下味をつけるのを忘れずに。

STEP.4
ツナとバジルで仕上げ
パスタが茹で上がる前に、トマトピューレのフライパンにツナバジルを投入します。

残りの時間で全体に火を通しておきましょう。

STEP.5
完成!!
ツナとトマトのパスタ3

パスタが茹で上がったら、ザルに上げてお湯を切りましょう。

最後に、フライパンを強火で熱しながらパスタとソースを一気に絡ませて完成です!

お疲れさまでした(•ᴗ•)

美味しいツナのご紹介

最近、すごく美味しいツナを見つけたんです!

その名も「Buzzonaglia di Tonno」(ブッツォナリア・ディ・トノ)で、意味は「ツナの血合い」です。

血合いのツナ缶

「血合い」ってご存知ですか?

血合いとは、赤身の魚に多く見られる、背骨に近い部分の赤黒い身のことです。カツオのたたきやブリの切り身、カンパチのお刺身などでよく目にしますね。

この血合い、新鮮な魚でないと血生臭くなってしまい、味も他の部分と比べて独特なため、下ごしらえの段階で捨ててしまう人が多いのではないかと思います。とくに、マグロ(ツナ)の場合は、他の魚と比べて血合いの割合が多く、生臭さが強いらしいです。

しかし、実は血合いはとても栄養満点で、特に女性に嬉しい鉄分が豊富なんです。

鉄分の他には、目や皮膚の粘膜を健康に保つビタミンA、うつ病から守ってくれるビタミンD、免疫機能や抵抗力を支えてくれるビタミンB6が豊富に含まれています。

さらに、牛肉や豚肉と比べて低カロリーなのに高タンパクなので、ダイエットをしている人や体づくり中の人も積極的に摂取したい食品のひとつなんです。

このBuzzonaglia di Tonnoなのですが、イタリア産なのにアジア系スーパーマーケットで見つけました。そして、日本のネットショップでは見つかりませんでした(涙)

オススメしておいてなんだ!という感じで申し訳ないです…。もしかしたらKALDIとかにあるかも?

CALLIPO(カッリポ)社という結構有名なツナ缶の会社が製造しています。CALLIPO社の他のツナ缶(血合いなし)は、日本でも手に入るみたいです。

ヨーロッパに在住の方は、ぜひ「Buzzonaglia di Tonno」を探してみてください。美味しくて栄養価が高いツナ、おすすめでーす!我が家はもう、普通のツナ缶には戻れません!

ちなみに、血合いは通常捨てられることの多い部位なので、値段が安いです。このツナ缶も、620gで4ユーロほどでした。イタリアで買える人はもっと安いのではないかと思います。ネットで見たら2.75ユーロでしたよ♪


カリッポ トンノ (ツナ) オリーブオイル漬け 80g×3缶パック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)