簡単レシピほくほく♡カボチャとゴルゴンゾーラの濃厚パスタ

かぼちゃとゴルゴンゾーラのパスタ

こんにちは、Soyです。

ドイツには「Hokkaido」という名前のカボチャが売っています。日本のカボチャに比べると小ぶりですが甘みがあって、皮がオレンジ色なんです。秋から冬にかけてスーパーでよく見かけるようになります。

Hokkaido引用:Wikipedia

今回は、このHokkaidoカボチャとゴルゴンゾーラチーズを使ったパスタのレシピをご紹介します。カボチャの甘みとチーズの塩加減が絶妙にマッチする一品です。

もちろん日本のカボチャでも美味しく仕上がりますので、ぜひ試してみてください。とてもシンプルで簡単な手順なので、忙しいママたちの手抜きレシピとしてもおすすめです。

カボチャとゴルゴンゾーラのパスタ材料(2人分)

・カボチャ 200g〜(好きなだけ)

・玉ねぎ 1/4個

・ゴルゴンゾーラチーズ 250g

・塩 少々

・オリーブオイル 適量

・お好みのパスタ

カボチャは多ければ多いほどホクホク感が増して美味しいです♡でも、多すぎるとお腹が重くなってしまうかもしれないので、お好みで分量を調整してください。

カボチャとゴルゴンゾーラのパスタ作り方

かぼちゃとゴルゴンゾーラのパスタはとても簡単に作れます。切って炒めて混ぜるだけ!

STEP.1
具材を切って炒める
玉ねぎの薄切り
まず、玉ねぎから炒めます。玉ねぎは薄切りにし、オリーブオイルを垂らしたフライパンで炒めます。塩を少々加えて、中火で少しツヤが出るまで炒めましょう。

 

カボチャどーん
玉ねぎがしなっとしてきたら、皮をむいて1〜2cm角に切ったカボチャを投入します。全体的に火が巡ったら、カボチャの半分の高さまで水をそそぎ蓋をします。

そのまま7〜9分蒸して、指で潰せるくらいのやわらかさにしましょう。

STEP.2
ゴルゴンゾーラチーズを溶かす
ゴルゴンゾーラどーん
カボチャがじゅうぶんに柔らかくなったらゴルゴンゾーラチーズを投入します。水分はフライパンの底一面に薄く残るくらいの量が理想的です。あまり水分が少なすぎるとパスタとの絡み具合がよくありません。しかし、水分が多すぎる場合は少し水気を飛ばしても良いでしょう。

弱〜中火でゴルゴンゾーラを溶かして全体となじませます。

STEP.3
パスタを準備する
カボチャとゴルゴンゾーラのパスタソース
ゴルゴンゾーラチーズを溶かしながらパスタの準備をしましょう。

お好みのパスタを人数分用意してください。今回のパスタにはショートパスタがよく合いますよ♪茹でるときに塩は忘れずに。

ゴルゴンゾーラが全部溶けたら写真のような見るからにクリーミーなパスタソースが完成します!お好みでバジルを加えても良いですね。

STEP.4
パスタと絡めて完成!
ショートパスタで
パスタが茹で上がったら、強火にしてフライパンのソースと一気に絡めます。お皿に盛り付けて完成です♡

イタリア人の夫いわく、このカボチャとゴルゴンゾーラのパスタソースにはショートパスタがよく合うそうです。

ところが、日本人の私はやはりスパゲッティを食べ慣れています。そのせいか、なんでもかんでもスパゲティが一番合う気がするんですよね。

カボチャとゴルゴンゾーラのパスタ

今回もスパゲティで作ってみてとても美味しかったです♡

カボチャとゴルゴンゾーラパスタのおすすめポイント

今回のレシピのポイントは、なんといっても「ゴルゴンゾーラチーズ」とカボチャの相性です。

材料を見ていただくとわかる通り、調味料は塩を少ししか使っていません。ゴルゴンゾーラチーズの塩気で充分だからですね!

ゴルゴンゾーラの塩気がカボチャの甘みをより一層引き立て、素材の味が楽しめる一品なのです。

ゴルゴンゾーラチーズって、実はかなり優秀なんです。パスタソースでもリゾットでも、ゴルゴンゾーラチーズを入れるだけでリッチな味わいになりますからね!

ゴルゴンゾーラを使ったレシピはこちらもあります↓

ゴルゴンゾーラとサルシッチャのパスタ ゴルゴンゾーラとサルシッチャ♡がっつりいきたいパスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)